top of page
main-logo.png

ウッドデッキ工事のポイント

ウッドデッキ工事を検討する際は、以下のことに気を付けましょう。

 

素材

ウッドデッキに使われる素材には「天然木材」と「合成木材」があります。天然木材は木目や質感などナチュラルな見た目の美しさが魅力。木材によっては木の香りを楽しむこともできます。しかし腐食や乾燥しやすいやめ、状態を保つためにきめ細やかなメンテナンスが必要となります。合成木材は木材と樹脂をあわせたもので、木造風の仕上がりになります。天然木材に比べ耐久性があり、メンテナンスも簡単です。なおウッドデッキの耐久性は素材だけでなく、塗料や天候、設置場所などによっても変わってきます。






色選び・質感

ウッドデッキは床面積が広いため家の雰囲気に大きな影響を与えます。またウッドデッキは窓に面するため室内にいる時も目に入りやすいので、屋内外両方の雰囲気や色合いに適した色や質感をウッドデッキに使用しましょう。












目隠しや屋根の設置

プライバシー性を高めるために、ウッドデッキに目隠し用のフェンスを設けたり、ご家族の転落防止のため柵や手すりを配置したりすることも可能です。また雨除けや日陰をつくるために屋根を取り付けることもあります。いずれの場合も、せっかくのウッドデッキに圧迫感が出てしまったり、室内が暗くなったりしない工夫が大切です。










お手入れ方法

ウッドデッキは雨風にさらされたり、直射日光で乾燥したりするため、腐敗やひび割れなどの傷みが出やすいもの。なるべく長くきれいな状態でウッドデッキを使えるよう、日々の清掃や定期的な手入れは欠かせません。ウッドデッキの素材に適した洗剤や清掃用具をはじめに確認しておくと安心です。天然木材の場合は、白アリ対策や防腐剤処理の頻度もチェックしておきましょう。







家族でご近所散策

VOICE

お客様の声

お客様から寄せられた声をご紹介します

bottom of page