top of page
main-logo.png

カーポート工事のポイント

カーポート工事は以下のことをふまえてご検討いただくとスムーズです。

 

車の大きさ・車高などのサイズ

駐車するお車の大きさや車高、ドア数やドアタイプなどを考慮して、カーポートの形状や柱の位置を検討します。またお車はライフステージによって乗り変える方が多いため、新車に変えたらドアが開けにくくなってしまったなどの問題が起きないよう、柱の位置や屋根の高さには多少の余裕を持たせるといいでしょう。










駐車可能な台数

一般的にカーポートには4台まで駐車可能とされています。ご家族のお車分だけでいいのか、来客などの訪問者用のスペースも確保する必要があるのかなども確認します。2台以上の駐車を想定する場合は、敷地の形状や間口などを考慮しながら、駐車形態を縦方向にするか、横方向がいいのかなどを決めていきます。










床材、屋根材の素材

自動車の重要に耐えられるよう、カーポートの床には頑丈でシンプルな見た目のコンクリートが使われることが多いです。中にはレンガ、タイル、天然石、砂利などの素材を使用することも可能です。カーポートの屋根に使用される素材は、熱を遮断してくれて劣化しにくいポリカーボネート、軽くて丈夫なアルミ、強度重視で積雪などにも強いスチールなどが一般的です。









洗車スペース

カーポートで洗車をしたいとお考えでしたら、水栓や排水口をカーポート付近に設けると利便性が高まります。カーポート付近に水栓があれば、キャンプなどのアウトドアで遠出を楽しんだ後に汚れを気にせず用具を洗ったり、愛犬のシャンプーをしたりする時などにも便利です。









家族でご近所散策

VOICE

お客様の声

お客様から寄せられた声をご紹介します

bottom of page