top of page
main-logo.png

ガレージ・バイク保管庫工事のポイント

ガレージ・バイク保管庫工事は以下のことをふまえてご検討いただくとスムーズです。

 

サイズ選び

ガレージの大きさは設置場所の面積、収納するお車やバイクの台数、そのほかの収納物などに合わせて検討します。内寸はお車のサイズに合わせることはもちろん、乗降時のドア開閉に困らない寸法にします。間口についてはお車を出し入れする際の安全を確保するため、余裕をもった広さをおすすめします。










シャッターの開閉方法

ガレージのシャッターを開閉する方法には「電動式」、「手動式」があります。電動式の方がコストは増しますが、利便性が高く開閉時の音が静かという特徴があります。手動式は開閉時に音が出ますが、安価なため設置のしやすさが魅力です。











バイクガレージのタイプ

バイクガレージには「土間タイプ」と「床付けタイプ」があります。土間タイプは基礎工事やコンクリート仕上げ工事が必要ですが、段差がないため入出庫がラクに行えるメリットがあります。もう一方の床付けタイプは、ブロックの上に本体を建てる仕様で、工費が安く工期も短く済みます。ブロックの高さ分の段差があるため、スロープを設置して出し入れしやすくします。









設置場所

ガレージは一度設置すると撤去や場所の変更が難しくなります。ガレージの設置場所によっては、お隣の家の日当たりが悪くなってしまうケースも考えられますので、近隣住宅への配慮を念頭においてガレージの設置場所を検討する必要があります。

野澤建設では、日当たりや家全体の雰囲気に圧迫感が生じないように考慮しプランニングを行います。お客様の目的やご予算、設置場所の広さなどに合わせて、野澤建設のスタッフが最適なガレージ・バイク保管場所工事をご提案します。






関連法規の確認および申請

ガレージ・バイク保管庫は建築基準法上の建物に含まれるため、お住まいの自治体への確認や申請が必要です。申請基準や手続き方法などは自治体によって異なり煩雑なケースもありますので、プロフェッショナルの野澤建設にお任せください。








家族でご近所散策

VOICE

お客様の声

お客様から寄せられた声をご紹介します

bottom of page