top of page
main-logo.png

目隠しフェンス工事のポイント

目隠しフェンス工事は以下のことをふまえてご検討いただくとスムーズです。

 

愛何を、どこから目隠ししたいのか?

洗濯干しスペースを隠したい、家の中が見えないようにしたいのかなどの、何を(どこを)目隠ししたいのかという点と、お隣の家から、道路からなど、何から(どこから)の視線を遮りたいのかという点を整理しましょう。それによって最適なフェンスの高さや隙間の間隔、デザインなどが変わってきます。まずは目隠しフェンスを設置する目的を明確にすることが大切です。









素材と種類選び

ウッドフェンスは天然木材や合成木材を使いますので、ナチュラルな雰囲気の家にマッチします。アルミ製や樹脂製は耐久性が高くて種類も豊富です。アイアン調フェンスはヨーロピアンな雰囲気で装飾性が高く人気ですが、目隠し効果はやや低くなります。目透かしパネルは採光性があり明るさを保つのに最適です。和風の家でしたら竹垣なども相性がよくおすすめです。









作圧迫感や風通しの悪さが生じないように気をつける

目隠しフェンスの設置によって圧迫感が生じてしまっては、せっかくの居心地のよい住まいが台無しです。また、風通しが悪くならないか、日がしっかり当たるかなどの点も重要です。野澤建設は明るさや風通しを保ちながらプライバシーも保護できる、最適なフェンス工事をご提案します。








コメント


家族でご近所散策

VOICE

お客様の声

お客様から寄せられた声をご紹介します

bottom of page